出産祝い知識

出産祝い知識

喜ばしいことだからお祝いの品も良い物を贈ろう

内祝いについて学ぼう

内祝いとは、めでたいことがあった方からお世話になっている方へ贈るものになります。そのため、赤ちゃんのご両親側から贈るため、これから出産予定の方はきちんとマナーも知っておきましょう。

内祝いはどうすればいいのか

プレゼント

内祝いの相場

出産内祝いを贈る際、だいたいどのぐらいの金額が適切なのか、初めてだとわからないですよね。だいたい、結婚と同じで頂いた品の半額程度が良いとされています。ですから、出産祝いを頂いたときは、誰から何をもらったのかをしっかりと把握して、品を選ぶようにしましょう。

生後一ヶ月を目安

出産内祝いの贈る時期は生後30日前後がベストだと言えるでしょう。何故ならその時期がお宮参りの時期と同じだからです。また出産祝いを頂く時期が一ヶ月の間には贈られてくるものなので、その時期が調度良いタイミングになるのです。しかし、中には少し遅れて出産祝いを頂くこともあるでしょう。そういった場合も、時期は問わずにきちんと礼儀としてお返しを贈ってください。それが、マナーです。

赤ちゃんの名前を書こう

お返しに贈るときに使用する「のし」は、命名披露を兼ねて産まれた赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。その際に、ふりがなをふってあげると親切ですね。表書きは出産内祝いや、内祝いとサインペンなどで濃く書きましょう。水引はお祝い事を示す、蝶結びを選びます。

贈る時期には配慮が必要

ベビー用品

出産祝いを贈る時期

出産祝いを贈る時期をご存知ですか?出産はとてもおめでたいことなので、知ったら早く贈ってあげたいものです。忙しい中で贈るタイミングを逃してしまった場合にも、ベストな時期を紹介しています。

READ MORE
プレゼント

新定番の喜ばれる内祝い

初めて出産をした方は、出産祝いのお返しの品選びに困ることもありますよね。ここでは、新定番となりつつある内祝いギフトを紹介しています。喜ばれるためにも参考にしましょう。

READ MORE
ママと赤ちゃん

赤ちゃんのタオル事情

出産祝いでよく選ばれているのがベビー服などですが、同じく人気なのがタオルです。タオルは、大人にとっても赤ちゃんにとって必要なものです。しかし赤ちゃんの肌はすごくデリケートなので、赤ちゃんの肌に適したタオル選びが必要なので、それらを紹介しています。

READ MORE
ギフト

二人目の出産祝いの相場

出産祝いで二人目の場合、どういった贈り物を選ぶのがベストなのか、他にも相場は変わってくるのかなど気になる点が増えると思います。そんな時に役に立てる情報を紹介しています。

READ MORE

[PR]

出産祝い!お返しギフト選び。
お礼の気持ちを込める。

喜んでもらうことが嬉しい

選ぶことが難しい出産祝いですが、一生懸命選んだものをご両親や赤ちゃんに喜んでもらえたら嬉しいものですよね。そこで選ぶ前の参考になるように、貰って嬉しかったプレゼントの口コミをこれから紹介していきます。

貰って嬉しかった出産祝い

すぐに大きくなるからこそ

産まれてすぐに着せられるサイズのベビー服揃えていたんですが、生後半年からの物を用意していませんでした。だからこそ、生後半年から着せてあげられる80cmのベビー服を出産祝いに頂いたことはとても助かりました!半年から約1歳まで使えるのでありがたいです。もちろん、その後お返しもしましたよ!

経済的にも助かる

現実的で申し訳ないのですが、現金が一番うれしかったです。出産をすると思っていた以上にお金がかかるので、消耗品や必要な用品を揃える時に大変助かりました!必要な時に適した物をこちらで選べるので、現金や商品券は便利で良いなと感じました。

優しく包み込む

ベビー服に気を取られがちで全然頭に回らなかったので、貰った時に助かったのがおくるみです。赤ちゃん寝ている時間が多いのでつつんであげるものがやはり必要でした。自宅で洗える素材なところも嬉しい。お返しは、この出産祝いをもとに実用的なものを選びました。喜んでくれていましたよ!

可愛くてインテリアにも

出産を経験してわかったことなのですが、赤ちゃんの身の回りで最も多い消耗品はおむつです。そのためいくらでもおむつが必要だったので、おむつケーキを頂いた時は思わずやった!と喜びました。見た目も華やかで飾り物の様なので気に入っています。

楽しめる絵本

絵本はまだ早いと思っていましたが、1歳未満でも楽しみながら読めるように工夫された絵本があってそれには助かりました!手が離せないときにもおもちゃ代わりとしても遊んでくれるので便利です。おもちゃなどはゆっくり買いにいく時間がないので、貰って嬉しかったです。

広告募集中