出産祝い知識

出産祝い知識

タイミングも重要な出産祝いは気遣いを忘れずに贈ろう

出産祝いを贈る時期

ベビー用品

正しい贈るタイミング

内祝いについても大切ですが、逆に出産祝いについても知っておくべきです。出産祝いを贈るタイミングってマナーとしても重要なこと。だからこそ、基本について学んでいきましょう。日本の歴史のお宮参りなどから参考にして、産後1週間から1ヶ月の間が出産祝いを贈る時期に適していると言われています。

半年以内を目指す

遅れた時期に出産祝いを贈るなら最低でも半年以内を心がけましょう。1年経つと、誕生祝いになってしまうためです。もし出産祝いを贈るタイミングを逃してしまってもマナー違反とはなりません。あくまでも相手への配慮なので、内祝いのお返しを贈るタイミングを考慮した上の時期なのです。

贈り方にも気遣い

贈る時期も色々決まりや気遣いが必要ですが、出産祝いを渡したり郵送の際にも配慮が必要です。何故なら出産後はママさんも体調も不安定で、赤ちゃんの様子が変わりやすい時期だからです。直接渡すことや、郵送の場合も一旦連絡を入れておけば受け取る側もほっと出来るでしょう。

出産祝いの知りたいこと

プレゼントの選び方

出産祝いのプレゼントで喜ばれるのは、意外にも実用性のあるものです。赤ちゃんが生まれたら、何かと出費が増えるので実用的なオムツやベビー服などがあると助かりますね。ベビー服は一般的によく贈られますが、80cm異常を目安のベビー服が喜ばれます。赤ちゃんはすぐに大きくなりますが、長い期間使用出来るからです。

プレゼントの目安

出産祝いの相場って意外と難しいですよね。相手との関係性や年齢によっても変わっていきますが、おおよその目安を紹介します。親戚は約1~2万円で、親友は約1万円。友人や知人などは1万円以下でも問題は無いです。職場関係なら5千円から1万円程を目安に選びましょう。

表書きのマナー

続いては出産祝いの表書きについて学んでいきましょう。表書きは一般的に御祝や御出産祝いと書かれています。この時に重要なのが、筆ペンやサインペンで濃い色で書くことです。そして、字ははっきり大きく書くようにしましょう。

商品券を渡すとき

プレゼントで迷った時に商品券や現金を贈ることもありますよね。かさばらないですし、頂いた側も自分で好きなものを選んで購入することが出来るので便利なものです。こちらも喜ばれるアイテムと言われているでしょう。相場は約5千円から1万円を目安にして良いです。また、入れる現金の数字は4と9は避けましょう。縁起が悪いと言われている理由があるためです。

ママさんにもプレゼント

赤ちゃんが産まれたことによって、共に新生活が始まります。赤ちゃんへのプレゼントも重要ですが、これから頑張るママさんへのプレゼントを贈ってあげると、喜んでもらえるでしょう。ママさん用でしたらハンドクリームやマッサージグッズなど選ぶと喜ばれます。

広告募集中