出産祝い知識

出産祝い知識

2人目の出産祝いはどうすればいい?迷ったら読もう

相場を知ろう

こちらのページでは二人目の出産祝いの相場について、お話しています。出産は何人目であってもおめでたいことなので、一人目と同様に金額を変えることはない方が良いとされています。関係性によっても変わるので、平均の相場を紹介していきます。

二人目の出産祝いの相場

ギフト

身内の場合

兄弟や親戚など、身内の出産祝いの相場は大体約1万円から3万円とされています。あくまで参考例の金額となりますが、両親側は兄弟の相場に比べて少し高額になっていきます。身内なので無理のない金額設定にすると良いです。

お互いの関係性による

友人の際は、自分自身と相手側の付き合いの深さによって金額は多少変わっていきます。親しい友人からお祝いを贈るときは、約3千円から1万円程度で選ぶと良いでしょう。また、お返しの気を遣わせないように配慮してあげるといいですね。

職場仲間

職場の仲間の出産祝いを贈る場合でしたら、一般的には金額を最初に設定して部署やグループによって贈ることが多いです。平均的に千円から三千円程度が多いでしょう。そのため、その場の金額に合わせれば良いとされます。

ママ友のお付き合い

ママ友の付き合いがある場合でしたら、職場同様でそのグループでまとめて贈ることが多いです。そのため周りと相談して、同等の金額のプレゼントを贈ることが望ましいでしょう。相場は主に数百円から数千円が多いです。また、一人目のときに贈っている場合は、被らないように注意するといいでしょう。

のしについて知ろう

どれがのし?

「のし」とは、日本でお祝いを贈る際に用いられたしきたりです。のしと聞くと、思わずのし袋について思いがちですが、実は色紙を織られたものなのです。のし紙の右側についているものが、のしです。昔に贈答品としてあわびが贈られていたため、それがモチーフとなっているようです。

水引の選び方

出産祝い時ののしには、様々な種類があります。しかしここでもマナーがあるので、理解して贈るようにしましょう。水引はのしに結ばれているもので、紅白色の5本を選びましょう。蝶結びは、何度でも嬉しいお祝いに使われているものなので、その結びを選びます。

連名の場合

出産祝いでしたら夫婦から贈る場合もあるので、連名で贈ることも多いかと思います。その場合は一番目の上の人や夫となる人の名前を中央に書きましょう。その次に左側に並べて書いていきます。

折り方と金額の書き方

のし袋の出産祝いの場合、下から上に曲げて袋を閉じていきます。下の段の折り曲げ部分が上の部分に重なるように折っていきましょう。祝いで現金を贈る際には、中袋に入れましょう。中袋の表面には金額を書き、裏面に住所と名前まで書くのが一般的です。金額の時は旧漢字で記入します。

のしを付ける順番

出産祝いの商品をのしで贈る際に、包装紙とのしの順番が決まっているのか気になる点ですよね。内祝いのお返しなどでも使うので、知っておくと役立ちます。率直に言うと、どちらが上でもOKです。外のしと内のしがありますが、それぞれ地域によっても選び方は変わるようです。

広告募集中